Insertキーの使い方、入力の挿入、上書きモード

Fnキー

F1~F12

Esc

Tab

Caps Lock

Shift

Ctrl

Windowsロゴ

Alt(オルト)

スペース

NumLock

PrtSc

Delete

Home、End

TOP

Insertキーの役割は文字の入力を挿入モードから
上書きモードに切り替える機能です。

Insertキーを押していない挿入モードでは新しい文字が
入力されると、後ろに文字があればその文字は後ろへと
ずれていくという状態にあります。

上書きモードとは文字を入力した場合に入力した位置の
後ろに文字があればその文字を削除しながら入力
されていく状態です。
このモードの時はカーソルが挿入モードよりも太く
なっているのでわかります。

この上書きモードはどういう時に使えばいいかというと、
間違えた文字を書き直すときなどに通常なら正しい文字を
書いて、間違った文字を消して、としないといけないのを
上書きモードなら正しい文字を書きながら間違った文字を
消す、という事ができます。

また間違えて押してしまう事も意外と多いボタン
ですので、文字入力の際にすでに書かれている
部分が消えてしまう場合はInsertキーを押して
解決するかを確認しましょう。