キーボードのファンクション(Fn)キーとは、意味

F1~F12

Esc

全角、半角

Tab

Caps Lock

シフト

Ctrl

Windowsロゴ

Alt(オルト)

スペース

NumLock

TOP

Fnキーはファンクションキーと言われ、それを押すだけでは
何も起きませんが、他のキーと組み合わせて押すことでアクション
が起こせます。

具体的にはキーボードのボタンに複数の機能が書いてある場合、
そういったボタンをFnキーと同時に押せば単体で押した場合とは
違うもう一つの機能を使うことができます。

例えば「PgUp」と「Pause」キーが二つ書かれたボタンがあった場合
、 そのボタンだけを押すと「PgUp」の機能だとすると「Fn」+その
ボタンを押せば「Pause」の機能になる、というわけです。

一つのボタンに複数の機能が書いてある場合は「Fn」と同時に
押すことで使い分けをしてください。

もし、どれがFnキーと同時押しするボタンかわからない、という場合は、
Fnキーの文字の色を見てください。

キーボードによって違いますが、青や黄色など、他のボタンとは違う
色で文字が書かれていると思います。

そして他のキーボードの文字も見てみると、Fnキーと同じ色で書かれた
記号や文字があると思います。

これは、
「Fnキーと同じ色で書かれた機能はFnキーと一緒に押すことで使える」
という事なのです。

一度どんな機能になっているか押してみて確認しておくのもいいですね。