キーボードのF1~F12キーの使い方、機能

Fnキー

エスケープ

全角、半角

Tab

Caps Lock

Shift

Ctrl

Windowsロゴ

Alt(オルト)

スペース

NumLock

Insert

PrtSc

TOP

F1~F12キーキーはそれぞれ機能が異なるので一つずつ説明していきます。

・F1

このキーを押すことでウィンドウズのヘルプ画面が開きます。
また開かれるヘルプ画面は現在アクティブなアプリケーションの
ものであるため、アプリ操作中にわからないことがあった場合
などに使うといいでしょう。

また、ノートパソコンではfnキーと同時押しすることで
ホイールマウスの有効、無効を切り替えることが出来ます。

・F2

ファイル、フォルダー名を編集状態にします。
ファイルやフォルダを選択して右クリック→名前の変更、と
した場合と同じ効果のある機能です。

・F3

エクスプローラを開いた状態で押すと検索ボックスを開き、そこに
カーソルを移動させます。

・F4

エクスプローラ、ブラウザのURL入力履歴を開きます。

・F5

ブラウザではページを開き直し最新表示にします。
エクスプローラやデスクトップではファイルフォルダ状態を更新して
最新状態にします。

・F6

入力途中の文字を「ひらがな」に変換します。

・F7

入力途中の文字を「全角カタカナ」に変換します。

・F8

入力途中の文字を「半角カタカナ」に変換します。

・F9

入力途中の文字を「全角英字」に変換します。

・F10

入力途中の文字を「半角英字」に変換します。

・F11

エクスプローラ、ブラウザを全画面表示にします。
もう一度おすことで元に戻すことができます。

・F12

Excelなどのアプリケーションで「名前を付けて保存」ダイアログを
表示します。